読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キグルミ母の日常

キグルミ母の日常や日々感じたことを綴ります

小学校高学年以上でかかると大変!?おたふくかぜの怖いところ…

健康 子育て 日常

f:id:rierie1122:20170226160922j:plain

感染症の中で、小さいころにかかったほうが良いものって、いくつかありますよね。大きくなってからかかると大変だって、言われています。

その中の代表格のひとつの、おたふくかぜもそうですね。。

先日、小5の次女が、おたふくかぜにかかりました。ちょうど、低学年で流行っていた、おたふくかぜがどうやら、広がったようで、見事に拾ってきました。

周りでも数人、おたふくかぜになった同級生の子も多かったみたいで、どこのママも大変だったと言っていました。

今回は、大きくなってからかかる、おたふくかぜのことを少し、書いてみようと思います。

おたふくかぜってどんな病気なの?

まずは、おたふくかぜについて、少し書いていきます。

おたふくかぜの原因

 おたふくかぜの正式名称は「流行性耳下腺炎」と言います。ムンプスウイルスというウイルスが、感染している人のくしゃみなどで飛んだ、唾液や空気に漂っているウイルスを吸い込んだりして、身体に入ることによって、感染します。

感染力がとても強いので、集団生活や家庭内でも感染率はとても高いです。しかも、潜伏期間が2~3週間あるのですが、その潜伏期間の間も感染するそうです。油断できませんよね。

おたふくかぜの症状と経過

おたふくかぜの症状ですが、まず高熱と頬のあたりが腫れてきます。厳密に言うと、腫れる場所は耳の後ろから顎の下くらいですね。子供の顔が、見た目0.5倍大きくなります。1.5倍かも…。

だいたいは、熱は3日くらいで下がって、腫れも1週間~2週間くらいでひいてきます。軽いと、そこまで熱が高くならないこともあるそうです。

おたふくかぜは、まれに難聴や無菌性髄膜炎などの合併症を引き起こすことがありますから、、注意する必要があります。

おたふくかぜを発症した日を除いて、5日経過したら登園・登校OKになります。

大きくなってからのおたふくかぜ

 

 

こういう感染症は、子供のうちにかかっておくほうが、症状が重くならないのですが、大きくなってからや大人がかかると、症状が強く出たり、子供より合併症を引き起こす可能性が上がります。

15歳以上の人が、おたふくかぜにかかった時に怖いのが、男性は睾丸炎、女性は卵巣炎を併発することです。これは重症化すると、将来、不妊の原因になってしまいます。また、妊娠中に、おたふく風邪にかかると流産の危険が高くなるので、注意が必要です。

 

うちの子も、最初は耳が痛いと言い出して、中耳炎かと思ったんですが、みるみる頬が腫れてきて、当然、熱も高くて…その日は日曜日だったんですが、休日でもやっている耳鼻科に行って診てもらって、「おたふくだね」との診断がおりました。

じつは、夏に6歳の長男が、おたふくにかかったんですが、長男はすごく軽かったんです。熱も38度くらいで、1~2日くらいで下がって腫れも片側だけで、1週間くらいで引きました。

でも、次女はひどくて、熱も5日続いて腫れもなかなかひかなかったんです。もう、可笑しいくらい顔がパンパンで…。もちろん、痛いから食事もまともにとれなくて、ゼリーすら痛くて泣きながら食べていました。痛み止めをもらっていたので、それを飲んで、効いている間に、食べられるものを食べさせていましたが、次女は、かなり痩せました。

無菌性髄膜炎について

次女は、これでも軽いほうで、同級生の子は無菌性髄膜炎になってしまい、数日入院していました。その子のママから聞いた、無菌性髄膜炎の症状を少し書いておきますね。

おたふくかぜは、熱が出るんですが一旦下がりかけたと思ったら、いきなり39度を超える高熱が出たそうで、クリニックに行ったら即紹介状を出されて、大きな病院に転院して、そのまま入院になってしまったそうです。

これを聞いて、ぞっとしました。幸い、その子はそこまで重篤にはならなかったので良かったですが、おたふくは油断できないなと、再確認しました。

感染していませんように!

 

ところで、我が家には上に、中学生の長女がいますが、この子もおたふくやっていないんです。2歳の次男も…もう、今、ドキドキで過ごしています。潜伏期間を考えて、あと1週間くらい様子みて、かかっていないようなら、長女と次男に予防接種を受けさせようかと思っています。

でも、何やら、かかっても症状が出ない子もまれにいるようなので、それだと良いんですけどね。

感染していませんように!!

皆さんも、たかが、おたふくかぜと思わず注意してくださいね!予防接種も受けておくと安心だと思いますよ!