読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キグルミ母の日常

キグルミ母の日常や日々感じたことを綴ります

ママ友の必要性について思うこと

f:id:rierie1122:20170228141809j:plain

子供が生まれて、しばらくは子供のことで精いっぱいですが、ふとしたときにママ友について考えませんか?同じくらいの子供がいるママと友達になれたら、悩みを相談したり、ランチをしたり…と、ちょっと憧れますよね。

でも、ネットやテレビなんかを見ていると、ママ友同士の派閥やいじめのことを取り上げているものもあって、そういうものを見ているとママ友を作ることに不安を感じてしまいますよね。

これが幼稚園や保育園に上がるころになると、ママ友の問題って大きくなってきますよね。子供同士の付き合いの問題もあるし…。

そこで、今回は自分の経験を踏まえた上で、ママ友の必要性についてを考えてみようと思います。

ママ友がいることのメリットは?

ママ友がいることで、どんなメリットがあるのか見ていきましょう。

情報交換ができる

近所のおすすめの小児科や、カフェ、そして、幼稚園や学校のことなどママ友がいると、そういった情報を交換することができます。とくに同じ幼稚園や学校に通うなら、どんな幼稚園かから、何を準備したら良いかということを、教えてもらうことができます。

子育ての相談ができる

同じママだからこその育児の悩みも相談しやすいですよね。ただ愚痴を言い合ったり話をするだけでも、良いストレス発散になるものです。信頼のおけるママ友であれば、困ったときなんかは、助け合うこともできます。

子供に友達ができる

ママ同士が仲良くすることで、子供にも友達ができますよね。一緒に公園に行ったりしても遊び相手がいるのは子供にとっても嬉しいことです。

 

こんなところでしょうか。確かにママ友がいることでのメリットは大きいかもしれませんね。

ママ友がいることのデメリットは?

ママ友がいることで、困ることもあるようですが、そのデメリットとはどんなものがあるのか見ていきましょう。

付き合いが面倒なことがある

複数のママ友がいると、たまにあるんですが付き合いの面倒臭かったりしますよね。世間話に付き合ったりもありますよね。たまになら良いんですが、しょっちゅうだと少しウンザリします。

お金がかかる

ママ友とランチに行くことは、気分転換にもなって楽しいのですが、頻回になると家計を圧迫することも…。一緒に買い物に行ったりしても、ちょっと金銭的にお付き合いが難しくなることがあります。

もめると厄介

人間ですから、イラっとすることもあります。そこでもめてしまうと、ちょっと厄介なんですよね。嫌がらせされたり仲間外れにされたり、自分だけならまだしも、ママ友は子供も巻き込むことがあるので、それも厄介です。

 

デメリットで主になるのは、こんなところでしょうか。

ママ友は必要か否か

メリットとデメリットをあげたうえで、ママ友は必要かどうかですが…。

個人的な意見としては、ママ友はいても良いけど、いなくても問題はないかなということですね。子供に友達が必要じゃないかって意見もあると思うんですが、子供なんて幼稚園や保育園に入れば自然と友達を作ってきます。

その友達のママから、ママ友を作ることもできます。

私自身は、特定のママ友という人はいません。子供の学校や幼稚園で会えば、挨拶も世間話もしますが、そこまで深い関係のママはいませんね。

昔からの友人に、子持ちの子が何人かいるので、ママ友というならその友人たちがいるかなと。

これで、特に不自由も不便もないです。

結果としては、ママ友…いなくても良いということになりますね。ただ、これは私個人の考えですし、人によるかもしれませんし、これから、良いママ友ができるかもしれませんが、あえて作ろうとはしていませんし、することもないかなと思います。

子供の友達のママとの関係も、今くらいが1番良いと思っています。