読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キグルミ母の日常

キグルミ母の日常や日々感じたことを綴ります

~遠視性乱視と弱視について~長男と眼鏡

f:id:rierie1122:20170303153008j:plain

我が家の現在6歳の長男は、今、眼鏡をしています。小学校で行われた就学時健康診断の視力検査で、ひっかかったのがきっかけです。

すぐに眼科に行きました。診断は、遠視性乱視とそれによる弱視でした。

私自身、自慢ではないのですが眼鏡とは、無縁の生活を送っています。夫や上の娘たちもそうです。なので、長男が視力検査にひっかかったときは、正直ショックでした。本人も見えないとも言わなかったし、普通に本も読むしゲームもするしで、私も夫も全く気が付かなかったんです。

しかも弱視と言われて、さらにショックでした。それから、長男の眼鏡ライフがスタートしたのですが、そのときに、パソコンに穴が開くほど遠視や弱視について調べました。

今回、その調べたことが他のママさんの役に立つかもしれないと思って、記事にしてみようと思います。長男の眼鏡選びの体験も書いていきますので、もし、お子さんの眼鏡を買うことになった時の参考にしてみてくださいね。

遠視性乱視とは?弱視との関係

遠くのものは見えないけど、近くのものは見えるというのは近視ですね。変わって、遠視なのですが、近視と逆で、遠くのものが見えて近くのものが見えにくいと誤解されている人が多いかもしれませんが、遠視は遠くも近くも、見えにくいんですね。

全体的に、ぼんやりした視界になっているんだそうです。

乱視というのは、焦点が合わなくて1つのものを見ても、それがダブって見える状態だそうです。息子の場合は、遠視性乱視なので、視界が、ぼんやりしていて、さらに物がダブって見えるという状態のようです。

弱視というのは、もともと「見る力」が育っていない状態で、弱視の子は眼鏡やコンタクトをしても、視力が出ない状態です。弱視の原因は生まれつきのものもありますが、長男のように遠視や乱視があるせいで、視力が発達の途中で止まってしまうことが原因のことが多いのだそうです。

子供の遠視性乱視と弱視の診断

 

長男が眼下に最初に行ったときは、まず、普通に視力検査をしました。普通の視力検査での視力は、1番上の大きい「C」すら見えにくそうにしていました。それから、眼鏡をかけて眼科検査員という人が、眼鏡のレンズを何回か入れ替えながら、視力検査をしました。それでも、視力は両目とも0.6~0.7しかなかったですね。

それから、何やら機械で、中を覗く検査を2種類していましたね。これ、調べてみると、近視や遠視、乱視の度数を検査するものと目に風を当てて、目の固さを調べる検査のようですね。

それから、診察室で眼科医の先生が、顕微鏡のようなもので長男の目を診たり、長男にペンライトの光を目で追う様子を診たりしていました。

その日の検査では「遠視と乱視があるかな?それと弱視もあるかな」という診断でした。それで、遠視と乱視を眼鏡で矯正して弱視の治療をしていきましょうということでした。

眼鏡を作るために、目の瞳孔を開く目薬を1週間さして、もう1度検査をしましょうということで、さらに1週間後に、再度検査をして眼鏡を作るための処方箋を出してもらいました。

弱視の治療

弱視の治療は、視力の発達の妨げになっている遠視と乱視を眼鏡で矯正をして、できる限り目を使い、「見る訓練」をしていきます。

片目だけの弱視の子は、見える方のめにアイパッチをして、片目だけで見る訓練をするそうですが、長男の場合は両目なので、とにかく眼鏡はお風呂と寝るとき以外は外さないで、テレビでもゲームでも良いから、とにかく目を使ってくださいと言われました。

ところで、弱視の治療というのは、できるだけ早くから行うのが良いそうで、6歳までに治療を始めるのが望ましいそうです。だから、3歳児健診の時に視力検査があるんですね。長男の時の視力検査は、自宅で行うもので、一応はやったんですが、うまく検査できていなくて気が付くのが遅くなってしまったんですよね、きっと。

ぎりぎり8歳~9歳までなら治る可能性は0ではないとのことですが…長男はギリギリでしたね。

長男の眼鏡選び

弱視の治療を始めるのは、できるだけ早いほうが良いということで、処方箋をもらったその足で、そこの眼科の中にある眼鏡屋に行きました。

弱視の治療の眼鏡は、とにかく毎日かけることが大切なので、丈夫で、なおかつ長男の好きで似合うデザインのものをと、長男と相談しながら一緒に悩んで「これ!」と思う眼鏡を選びましたよ。

ちなみに、弱視治療のための眼鏡なので、眼鏡の代金は健康保険から7割か8割と幼児の医療費の助成があるので、そこから2割だったか、申請を出せば、金額の上限はありますが、後から戻ってきます。お店の人が、その金額の上限ギリギリの値段の眼鏡を、上手いこと長男に勧めてくれたので、実質タダになったので、助かりました(笑)

眼鏡が出来上がるまでに1週間くらい時間が空いたのですが、その間に長男には、なぜ眼鏡が必要なのかを、しっかり説明しました。

そのおかげか、自分で選んだ眼鏡だからかはわからないですが、初日から喜んで眼鏡をしてくれています。まぁ、家族みんなで「眼鏡かっこいいね~」とか、褒めちぎったせいかもしれませんがね。

幼稚園の先生も「似合うね~かっこいいよ~」なんて褒めてくれたので、長男は何だか嬉しそうでした。

その後の経過

弱視治療の経過は、個人差があると思うので、みんなが同じではないですが、参考までに長男の経過を書きますね。

眼鏡の処方箋をもらってから1か月後に、定期検査の予約をしていたので眼鏡をかけて眼科に行きます。そこで、以前にやった内容と同じ検査をしました。結果は、両目とも矯正視力が0.9まで上がっていました。

眼鏡の効果がきちんと出ているようで、安心しましたよ。

弱視の子は、眼鏡をかけるとかえって見えにくく感じるそうなんですが、眼鏡をかけてから半年近くになりますが、長男曰く、最近は眼鏡を取ると見えにくくなったそうです。眼鏡をすれば、しっかり見えるようになったようで、弱視は確実に良くなっているかなと言ったところですね。

まとめ

 

とにかく、弱視を治療するには早期発見と眼鏡による治療が大切です。3歳の時の視力検査できる限りキチンと検査することをおすすめします。

もし、自宅でやるような検査だと、わからないかもしれないので、その場合は眼科で調べてもらうと確実かもしれませんね。